すもまいHOME株式会社

セカンドライフの住まいに関する不安とは

お問い合わせはこちら LINEからのお問い合わせはこちら

セカンドライフの住まいに関する不安とは

セカンドライフの住まいに関する不安とは

2024/01/09

セカンドライフを迎えるにあたり、住まいに不安を抱く方も多いのではないでしょうか。
若い方もセカンドライフに向けた不安要素を知っておくことで、早めに準備をしておけるでしょう。
そこで今回は、セカンドライフの住まいに関する不安についてご紹介します。

セカンドライフの住まいに関する不安

維持費がかかる

持ち家がある場合、維持費を心配する方は多いです。
修繕費・税金・保険料・メンテナンス費用・リフォーム代などがかかります。

持ち家がない

持ち家がない場合は、家賃の支払いがずっと続くことを不安視している方が多いです。
持ち家は年齢に合わせてバリアフリーにリフォームできますが、そうでない場合は勝手にリフォームができません。
年齢を重ねるにつれて、住みにくさを感じる可能性があるでしょう。

相続

持ち家がある方は、相続の心配をする方も多いです。
親族間のトラブルに発展することも珍しくないため、生前の話し合いや対策をとっておくと安心でしょう。

生活スタイルに合わない

セカンドライフでは、これまでと生活スタイルが大きく変化する場合がほとんどです。
その際「現在の住まいでは、理想のセカンドライフが送りにくい」と感じるケースもあるでしょう。

まとめ

セカンドライフに向けて、多くの方が住まいに関する不安を持ちます。
主に、維持費・持ち家がない・相続・生活スタイルなどについての不安です。
セカンドライフに向けて早めに準備をしておくと、これらの不安は軽減するでしょう。
『すもまいHOME株式会社』では、不動産に関わる相談に幅広く対応しております。
セカンドライフの住まいに不安をお持ちの方も、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。