すもまいHOME株式会社

遺産分割協議書が必要なのはなぜ?

お問い合わせはこちら LINEからのお問い合わせはこちら

遺産分割協議書が必要なのはなぜ?

遺産分割協議書が必要なのはなぜ?

2024/01/25

「遺産分割協議書」は、相続内容を証明する書類です。
すべての場合で必ずしも必要となる書類ではありませんが、必要になるケースもあります。
今回の記事では、遺産分割協議書がなぜ必要かご紹介します。

遺産分割協議書が必要なケース

不動産の相続登記

遺産分割協議により不動産が分割された場合、変更を法的に確定させるためには相続登記が必要です。
手続きにおいて、遺産分割協議書の提出が必要です。

金融機関の相続手続

相続人が預貯金や有価証券を相続した場合、これらの資産に対する相続手続きが金融機関で行われます。
この際、具体的な相続分を示すために遺産分割協議書の提出が必要です。
金融機関の手続きでは、正確な情報提供が求められるため、スムーズに手続きを進めるために欠かせない書類といえます。

自動車の登録名義変更

相続した自動車の登録名義変更も、遺産分割協議書の提出が求められます。
手続きは運輸支局で行われ、正確な相続権を示すために必要な書類です。

相続税の申告に必要

相続財産が基礎控除額を超える場合、相続税の申告を行います。
相続税の計算や割り当ては相続人ごとに異なり、具体的な相続分を示すためには遺産分割協議書が必要です。

まとめ

遺産分割協議書は、不動産登記・金融機関の手続き・自動車の名義変更・相続税の申告などで必要です。
資産の正確な分割と相続人ごとの遺産取得を明確に示すことで、手続きがスムーズに進むでしょう。
『すもまいHOME株式会社』は豊田市を拠点に、不動産売却のサポートを行っております。
不動産に関するお悩みに対して丁寧にサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。