すもまいHOME株式会社

戸建て売却時の査定ポイントとは?

お問い合わせはこちら LINEからのお問い合わせはこちら

戸建て売却時の査定ポイントとは?

戸建て売却時の査定ポイントとは?

2024/02/17

売却を検討する際「戸建ての査定はどの部分を見るのだろう」と、多くの方が抱く疑問ではないでしょうか。
査定のポイントを知ることで、スムーズに売却が行えるでしょう。
今回の記事では、戸建て売却時の査定で見られるポイントについてご紹介します。

戸建て売却時の査定ポイント

建物の状態

築年数・内装・外装など、建物の状態を考慮して査定は行われます。
特に古い建物の場合は、経年劣化や耐久性の低下から査定額が低くなる傾向にあります。
内装や外装のクオリティ・メンテナンスが行き届いているかも、査定で見られるポイントです。

周辺環境

家の周辺環境も、査定額に影響があります。
駅やバス停・商業施設までの距離、通勤や通学の利便性などが査定に反映されるでしょう。

土地の特性

土地の形状や大きさ・日当たりや眺望・接面道路の関係なども評価されます。
ただし日当たりや眺望は、周囲の建物の状況によって変わる可能性があるため、査定額にも影響があるでしょう。

市況

最終的な査定価格には、市況も影響します。
不動産市場の変動や需要・供給のバランスが査定額に反映され、同じ条件の物件でも市況によって査定価格が変動します。

まとめ

戸建て売却時の査定ポイントは、以下のとおりです。
・建物の状態
・周辺環境
・土地の特性
・市況
不動産の売却を考えているなら、これらのポイントを基に査定を検討してみてくださいね。
豊田市の『すもまいHOME株式会社』では、不動産売却のサポートを行っております。
査定に関して不明点や気になることがある方は、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。