すもまいHOME株式会社

土地を売却する時の査定ポイントとは?

お問い合わせはこちら LINEからのお問い合わせはこちら

土地を売却する時の査定ポイントとは?

土地を売却する時の査定ポイントとは?

2024/02/25

土地を売却する際は、査定を行う必要があります。
しかし、どのような点が査定されるのかご存じない方もいらっしゃるでしょう。
今回の記事では、土地を売却する際の査定ポイントについてご紹介します。

土地の売却時における査定ポイント

用途地域の影響

「用途地域」は、都市計画や自治体の規制に基づいた、地域の使用目的を示します。
商業・住居・工業の3つに分かれ、査定においてはこの分類が査定額に大きく影響します。
商業地域は高い査定が期待できますが、住居専用地域は制限が厳しく、査定が下がることもあるでしょう。

土地の面積・形状

正方形や長方形の土地が評価されやすい一方、不規則な形状や狭小地は査定が難しく、周辺の相場より低い査定額が提示されることもあります。
ただし単純な広さや形状だけではなく、周辺環境によって評価が変動することにも注意が必要です。

前面道路との関係

前面道路の幅員や立地は、査定において大切なポイントです。
広い道路に面している土地は、交通の利便性が高く査定額も上昇傾向にあります。
逆に狭い場合は、査定額が下がることもあるでしょう。

周辺環境の影響

駅やスーパーマーケット・病院など、生活に欠かせない施設までの距離が査定額に反映されます。
また廃棄物処理場や下水処理場などの存在や、高い建物・高低差なども査定を左右します。

まとめ

土地を売却する時の査定ポイントは、以下のとおりです。
・用途地域の影響
・土地の面積、形状
・前面道路との関係
・周辺環境の影響
これらのポイントを考慮して、最適な査定を行ってくれる不動産会社へ依頼しましょう。
豊田市の『すもまいHOME株式会社』では、不動産売却のサポートをしております。
所有している土地の価格について気になる方は、まずはお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。