すもまいHOME株式会社

不動産における相続のトラブルとは?

お問い合わせはこちら LINEからのお問い合わせはこちら

不動産における相続のトラブルとは?

不動産における相続のトラブルとは?

2024/03/22

ご家族から、土地や建物を相続される方も多くいらっしゃいます。
しかし、不動産の相続にはトラブルも発生しやすいものです。
今回は、不動産における相続のトラブルについてご紹介します。

不動産における相続のトラブル

不動産を誰が取得するかで争う

相続人が複数いる場合、不動産の取得で争うことがあります。
とくに価値の高い不動産だと、トラブルに発展しやすいです。
生前に遺言を残しておくことで、トラブルを未然に防ぐことにつながるでしょう。

相続したがらない不動産がある

古家・農地・山林などの活用や売却が難しい不動産は、誰も相続したがらないというトラブルが発生しやすいです。
対策としては生前に売却をするほか、相続放棄や国への譲渡や寄付などが挙げられます。

空き家のまま放置

相続を行ったものの、空き家の状態で放置されている場合もあるでしょう。
空き家は不法侵入や盗難のリスク・近隣トラブル・倒壊などの危険性も考えられます。
そのまま放置するのではなく、定期的にメンテナンスを行うことが必要です。
メンテナンスが難しい場合は、売却を検討しましょう。

まとめ

不動産における相続のトラブルには、不動産を誰が取得するかで争う・相続したがらない不動産がある・空き家のまま放置などが挙げられます。
相続による不動産のトラブルを避けたい場合は、遺言書を残す・相続放棄・売却などの方法があるでしょう。
豊田市にある『すもまいHOME株式会社』では、実績の豊富なスタッフが不動産売却のサポートを行っております。
不動産の相続に関することも丁寧にお聞きしますので、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。